喪服にふさわしいストッキングとは?

葬儀の参列であれば、季節を問わず、ひざ丈程度のスカートやワンピースが正式の装いとなり、それに薄い黒のストッキングを合わせるのが無難と言えます。

 

しかし、60デニール以上のストッキングだとくだけた印象になってしまうので、気を付けましょう。

 

もし、足を出したくなければ、パンツスーツを準備しておくと良いですね。
いざと言う時慌てないよう、普段から用意しておきたいものです。

 

 

おすすめなのがこちらフォーマル用のストッキング。
伝線しにくく、透明感があります。

 

詳細はコチラ⇒伝線しにくいフォーマル対応黒ストッキング

関連ページ

葬儀に参列する時の喪服の着方・選び方
女性が葬儀に参列する時の喪服の着方、選び方を解説します。
喪服にふさわしいバッグとは?
以外に悩んでしまう喪服にふさわしいバッグについて解説します。
喪服に必要な小物類(アクセサリー、数珠など)とは?
喪服を着るときに必要な小物類(アクセサリー、数珠など)について解説します。
キリスト教の葬儀のブラックフォーマルは?
喪服(ブラックフォーマル)のマナーや基礎知識をご紹介します。
ブラックフォーマルの靴選びとは?
喪服(ブラックフォーマル)のマナーや基礎知識をご紹介します。靴の選び方を解説します。
お別れの会、偲ぶ会の服装は?
喪服のマナーについて解説しています。最近多くなったお別れの会、偲ぶ会の服装についてご紹介します。